高く車を売るためには傷は直してから売るべきか?

車の傷はどうするべきか?買取してもらう前に直したほうが良いか、それともそのままで買取してもらったほうが良いのか?

実はこれから売る車の左前バンパーに壁に擦ってしまった時の擦り傷があるんです!長さでいうと前から後ろに向かって15cmくらいで縦幅は25cmくらいの傷です。そうです、そこそこ目立つ傷なんです(^_^;)これを車の修理店で直してから売るか、それともそのままで売るか迷っています。

そこで自分なりに調べたところ、どうやら直さずにそのままで買取してもらったほうが結果的にお得になるとのことでした!結局、直してから売ったとしても、その直すのに要した費用分ほど買取金額は高くならないみたいで、直してから売ると逆に損をしてしまうことになるみたいです。

なので、皆さんも自分の車に傷があったとしてもそのままの状態で直してもらうようにしたほうが良いと思います。ちなみに僕が調べたサイトにはこのように書かれていました。とても勉強になる記事ですので参考にしてみて下さい!

僕たちが修理店で補修してもらうより、買取店が修理店に持ち込んで修理、補修してもらったほうが、提携してたりするので安くできるというのもありますし、買取店はいろんなノウハウがを持っていて、手持ちの綺麗な部品やパーツと買取した車のものを交換したりするみたいです。

なので費用を負担してまで修理、補修せずにそのままの状態で査定、買取してもらったほうが良いみたいですね!

ただ、コンパウンドで消せるくらいの浅い傷の時には、自分で消しておくと綺麗に見えて良いようなのでやっておいたほうがオススメです!コンパウンドはだいたい1,000円くらいで購入できてあまり負担になりませんし、傷を消す作業自体も簡単です!えっ?どれくらいの傷の時かって?爪で引っかからないくらいの傷であればコンパウンドで消せると思います

出典:高価車買取 浜松市版おすすめベスト3ランキング!

言われてみれば確かにそうだなって感じですよね。でもこれを読まなければそれに気付かず、直してから査定してもらってた可能性もあるので良かったです!すべてのケースでそうだということではないみたいですが、ほとんどのケースで傷は直さずに売却したほうが結果的にお得だということみたいなので、そういった車を持っている人は参考にしてみてください!