車査定前の洗車は必須!車の事故歴は隠さず申告を!

業者による車の査定の際は、とにかくきれいに車を洗っておくべきです。

車の査定を実際に行うのは人なので、汚いまま酷使された車よりも、洗車されているような丁寧に扱われたきれいな車に良い感情を持つからで、

好印象を持ってもらえると多少なりとも査定額にプラスとなる可能性があるからです。

それだけでなく車に汚れがついていると、車についた傷などが見え辛くなってしまい、そこで査定額が減らされる可能性もあります。

それから洗車をする場合、洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりや内装も洗っておきましょう。

 

車査定を受ける前に予め自分の車の相場を知りたいと思うかと思いますが、最近ではネットを使って、車査定のおおよその相場が分かるようになっています。

大手中古車買取業者のサイトなどを見ることで、車の買取価格の大体の相場がでてきます。相場を理解していれば、安く売ってしまって損することもないので、予めよく確認をしておきましょう。

とは言っても、車の状態で変化するため必ずしも相場のままの価格で売ることができるとは限りません。もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定の額は低くなってしまうでしょう。

とは言っても、事故車であるということを隠そうとしても専門家である査定員には分かるので、マイナスのイメージになります。

もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、事故車専門で行っている中古車買取業者に査定を頼むのがおすすめです。

その方がより高い査定金額をつけてくれることも出てきます。

自分の車を売りに出すときの手順としては、最初にネット等で一括査定を申し込みます。

中古車の買取業者からこちらの情報を基にした査定額が表れますので、査定の額が良い業者、信頼ができそうな業者を選んで、車を実際に査定してもらいます。

査定に満足することができたら、契約して車を売却するわけですが、代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が多いので、契約をする際には、おおむね何日後に振り込んでくれるか確認をしておくといいはずです。