車査定において走行距離のメーターをいじるのはやめましょうね。

今回は走行距離と査定額の関係と、やってしまいがちなミスというか改ざん行為について話したいと思います。

 

車の査定では走った距離が少ない程に査定額はプラスとなります。

走行した距離が多い方が車の状態が劣化してしまうからなんですが、だからと言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんすると、それは詐欺となってしまうので、それだけは絶対にやらないようにしてください。トラブルのもとにもなりますので。

次回からは車の買い換え計画を早めに検討し、車を売りに出すことも頭に入れておいて余分な距離を走らないようにした方がいいですね。

 

そして肝心の車の査定についてですが、文字通り買取業者が出張してくる出張査定の利用者がここ最近はとても多くなっています。

業者に来てもらえるのでとっても楽ですし、当たり前ですが運転しないからガソリンも減らさずに済みます。

楽だし燃料代もかからないし言うことは無いのですが、押しに弱い人は業者に足を運んでもらう出張査定より、業者に持ち込みで査定を受けるべきかもしれないです。

業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、なかなか断るのが難しくなってしまう人もいるからです。